So-net無料ブログ作成
検索選択

雪の前の静けさ。 [くにおくん]

本日、11/23はイイニイサンの日(イチイチニッサンの日では無い)だそうなので、もっさん兄弟と豪田アニキと砂織ちゃんをば。
161123 1123.jpg

最近何故かページ閲覧数がありがたいことに増えているのだが、そんなに見るもの無いぞ…?
過去絵とか見られるのは結構恥ずかしいものがあります(/ω\)
うちのウリは激凸キャラの台詞ともけけさんのコメントくらいじゃ(爆)
nice!(0)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 20

もけけ関本

いや〜、こちらはダラっダラ書いてもhamamacさんや皆さんは怒らないで食らいついてくれるし、なんか居心地イイんスよね〜。
文字制限もないしさあ。
ヲレのブログ止めちゃって、ここに寄生しようかなあ。。
( ̄▽ ̄) (最低なヤツだな…)


ていうか、本日(イイニイサンの日)に、エー○ラスさんの開発室長なさっているお方(イイ兄さん風味炸裂級)とお会いしましたにょ。
やっぱり、クリエイター魂が燃えまくっているお方でした。
もう少し早く出会っていたら…て風味。


つーことを、こちらにこっそりと書いて立ち去ります。。

以上、もけけでした。
(ヲレのブログは更新しませんけども…)
by もけけ関本 (2016-11-24 01:45) 

hamamac

もけけさん、おばんでございます(´∀`)
もけけさんの公式ブログだといろんな方の目が光ってる(?)かもですし、迂闊なことは書けないですかね(爆)
あっちはあっちのブログで読者がいますし自分も読んでいるので、止めないで頂きたいですけども。
(確かにあの500字の文字制限は侮れないのですが)

もけけさん、水面下で色々動かれていらっしゃるようで!
A+の中でももけけさんに賛同してくれる方がいらっしゃると良いなあ。
ダウンタウンシリーズとしては、もけけさんの作るキャラのあったかい雰囲気が好きです。
硬派系のギスギスした感じはちょっと(^^;
なのでダウンタウンのキャラの性格が硬派寄りに書き換えられるのは、少数派かもですけど、溜息モノですC= (-。- ) フゥー

あっそういえばAmebaの方はもう更新なさらないのでしょうか…?
by hamamac (2016-11-24 21:56) 

もけけ関本

hamamac姐さん、んちゃ〜す。

ヲレのブログよか、こちらの方がアクセス数多いと思うんだけども。。

つーか、ヲレのブログは、バイオリズムが上昇してきたら書こうとかテキトーに考えてます。
( ̄▽ ̄)

で、アメブロの方は、記事を書くとすぐに自分のブログへ誘導するアレな人たちが悪の気をビンビンに発しながらコメント書いたりするんで休止してます。怖いよねえ。
(ていうか、すぐに「パスワードとか入れろ」って状態になるのが一番イラッとして書かない原因なんですけども…)


んで、エ○プラスさんだけども、基本的にヲレに対してかなり気を使っていたみたいでね、だもんで、裏にある設定をあえて使わないで、オリジナルに流れたっぽいみたいス。
また、実際は監修してもらいたかったらしいんだけども、エイビットさんがヲレ系だから、彼らは「アーク監修で」となったみたいス。

まあ、それだけではないっぽいけども、確かに、SPの開発スタート時、ヲレは時代劇やってたかもしれんス。

つーても、監修だけだったらヲレは激安価格で受けたし、ちょっとしたことだったらタダでもやったし…。
話さえ振ってくれれば状況は変わったかもしれません…ねえ。


ただ、なんていうか、自らの手でくにおゲームをアレしたい!って思いは、くにおが好きだった人たちの中にはあるのでね、そんなところも左右したのかも知れんっちう気もします。



>もけけさんの作るキャラのあったかい雰囲気が好きです。

そう云っていただけるのは本当に嬉しいスねえ。
でも、何故だか、女性の方しか云ってくれないんスよねえ。
やっぱり「くにお=ケンカ」ていうハードなイメージが成立しちゃってるんでしょうね。
男はそっちが好きですのでねえ。

つーか、こっそり書くけども、ヲレは、不良(ツッパリ)と呼ばれた人たちがリアルにそこいら辺に居た世代なんすよね。でも、他の男子たちとは違って、彼らに憧れを抱くこともなかったし、どちらかというと「イヤなことをしてくるムカつく存在」として見ていたんすよ。
(ヲレの目指していた方向とは違うんで…)

なので、岸本さんみたく、そこの中に居た人じゃないんで、不良たちをテーマに描くとしたら、自然と逆の視点になっていくんス。
ていうか、その立場から見た、不良同士のケンカってのは描けないんです。

また、アーケードゲームではなくファミコン発と考えたら、それって子供が憧れる世界なんだろうか?…と考えちゃうし、キャラ的にも「ヒーロー」にしなくちゃならないんじゃないの?となるしね。

その辺りは、どういう世界観を創るかの違いでもありますし、「温かさ=人間らしさ」は「よしみつ兄やん」の創った敵思考による動きの部分なんかも大きいですけどもね。


でも、くにおファンの大半から求められているのは基本的に岸本系なのは分かってます。なので、否定はしてません。
ただ、アーケードゲーム発と家庭用ゲーム発ではやはり違うと思うんす。

また、ヲレ的に、あの硬派のくにおでは世界が創り難い気がしたんす。
最終的にはどうなの?みたいな先のことも含めてね。
(もちろん、熱血硬派関係の世界観設定とかはなかったのもあるけど…)

熱血物語は世界観そのものの設定を新たに創りたかったんで、不良のケンカだけでは弱い気もしてましたし。


「サブの事務所に殴り込んでまでして友を救う…」その断片だけ切り取れば美談かもしれないし、「熱血硬派くにおくん」としては成立するけども、現実的に考えたらその先に待っているのはハッピーな展開…てのはあり得ないですのでね。
そんなヤバ目な世界に、ファミコンをプレイする子供たちを連れて行けないってのもありますしね。

だから、そうならない世界を創る必要はあったんス。
くにおがヒーローで居続けられる世界を。
その他のキャラたちもヒーローになれる世界を。

それには、理不尽な暴力の究極の頂点に位置しているのはやっぱり「悪」であるとした方が分かり易いし、それを打ち砕く者たちを描くにはやはり「正義」的な者の方が子供も感情移入し易いし。
で、「熱血」っていうモノを「悪」と対等に闘える「心の力」「人間の力」として設定すれば、『悪』のキャラもまた引き立つし。
その辺りは、いわば架空の設定です。だからファンタジー。

でも、それが熱血物語だし、世界を創ったことで、ゲームを超えてキャラに対する興味も生まれるきっかけにはなったんじゃないかと思ってますけども。


ヲレが描く熱血物語の総てのシリーズには、その『熱血力』が存在してます。
ちなみに、ダブドラ兄弟たち「忍」の使う力はまた少し違っていて、『忍術=神の力を使う術』みたいなアレになってます。
それと、小林さんの追いかけている力もまた少し違っていたりしますし、速水関係で小林さんの父親がやっているアレもまた別の方向からのアプローチです。
ただ、何れも「悪」に対抗する力であり、その中心軸は同じ風味です。
そんな『悪』の力を持った者たちが現代に居たらその未来は…ということで、未来のヤツらも絡んでいるッつーワケです。



とね、そんな世界。
ハードなバイオレンスとして描くんじゃなくて、あくまでも人間物語としているんで、ちょっぴり温かさが出るのかもしれません。
まあ、みんなマヌケに描いているしね。




はい、またもやダラダラと書いちゃいましたよ。

ていうか、この辺について、本当はゲームなり「げんさくぼん」なりで徐々に分かって行って欲しい部分だったんですけども、世の中がそんな感じではないのでね、ここでズビッと「もけけ一派」にだけ公開させていただきましたよ。
大迷惑ですね。

ごめんなさい。(´-`)



まぁ、大したこと書いてないけども。。
by もけけ関本 (2016-11-25 06:50) 

hamamac

もけけさんコメントありがとうございます☆

アメブロは会員じゃないといいね!も出来なかったと思うので(最近のヤフーブログもずっとメンテナンス中でナイス!出来ないですが)足跡が残しにくかった…と思います。
しょっちゅうパスワードは面倒ですねー。
ログイン状態はある程度保持して欲すぃ…。

開発時期が重なっていたんですね、時代劇と物語。
そこの時間軸は考えていませんでした。
うーん、今更言っても…だからどうしようも出来ないですけど、世界観の統一という面では、もけけさんに両方ともやって頂くのが個人的にはベストですが、せめて逆が良かったかも…。
物語は行進曲とかべすぼにも続く系譜ですんで。
時代劇は魔法物語はスピンオフみたいなものだと思っているので。

>ただ、なんていうか、自らの手でくにおゲームをアレしたい!って思いは、くにおが好きだった人たちの中にはあるのでね、そんなところも左右したのかも知れんっちう気もします。
そこは…クリエイター的と言えば言えるのかな…。
原作リスペクトとの狭間ですね。
それはそれで良いんですけど、設定変えてるのに過去のキャラと混同されるのが私的に嫌かなあ。
同じ名前で似たような設定なので、紛らわしくて。
旧作からのファンの方でもテクノス版とアーク版とで同じ人物だと思ってるんじゃないかと思うと、悲しいですね。

もけけさんがおっしゃるように、硬派系が好きな人もいれば、ダウンタウン系の方が好きな人もいて、それが凄いことに一見同じ主人公を通して両方の世界観とかファンも上手く棲み分け出来てたんだと思います。

>現実的に考えたらその先に待っているのはハッピーな展開…てのはあり得ないですのでね。
リアルだからこそ現実の延長上でないと嘘臭いし、かといって元々の不良という立ち位置からして、どんどん暗い方向へ行きそう…ですよねえ…。
悪と戦う正義って、形は変えてても不変のテーマですよね。
その正義の力ってのが、神様の力とかじゃなくて人間の心の力だから、ダウンタウンの世界が人間臭くてほのぼのしてたりするのかな?
「あくのおおぼす」ヤマーダくんさえも緩くマヌケで憎めないのは、もけけさんのセンスじゃないかなあと思うです。

ダブドラ兄弟の力、くにおくんの力、小林さんが追いかけている力…は全て別なんですね。
何となくそういう台詞とか情報はあったので分かってましたけども。
その辺が知りたいんですよねえ。
このまま明かされないで終わるのは勿体無さすぎる (ノД‘)

全然迷惑では無いですよー!
むしろ色々書いて頂けてありがたい限りですmm
ブログやっててヨカッタ ε-(´▽`)
またいつでもお越しくださいmm

つか、So-netのコメント欄って何文字までイケるんだろ…?
by hamamac (2016-11-26 00:06) 

もけけ関本

にょい〜ス( ̄▽ ̄)/

ヲレのブログよりも、こっちのコメントに書き込んでいる文字数の方がグヒッと多かったりしますね。

つーか、ブログ代わりにしてんじゃねーよっつー風味ね♡


>旧作からのファンの方でもテクノス版とアーク版とで同じ人物だと思ってるんじゃないかと思うと、悲しいですね。
…「熱血物語のファン」て云ってくれている方のほとんどは、ある程度の設定なんかは把握してくれているんだろうな〜とか思っていたんだけども、実際はそうでもなかったっぽくてね。たまに、ついったーで呟いてるのを見て「あらっ、知らないんだ…」て風味も多かったりで。

hamamacさんやヲレみたいな統一感のない世界観に極端に拒絶反応を起こすタイプってのは少数派ってことスね。

だもんで、『もけけ一派』はホントに数人なんだな…とね。

だから、それほど心配しなくて良いと思うすよ。


>このまま明かされないで終わるのは勿体無さすぎる (ノД‘)
…いや、なんとかカタチにはしますし、ゲームが創れればそこにブチ込んで行きますのでね。
あとは、hamamacさんたちがどれだけ広めてくれるか…みたいなね。フフフ


>時代劇は魔法物語はスピンオフみたいなものだと思っているので。
…確かにそうでしたねえ。
ただ、『魔法物語』は完全新作なんで、逆に創り辛いかもしれませんけども。

ていうか、『魔法物語』って、ダウンタウンの世界と設定上は繋がっていても、ゲーム的には別物にしたいと思っていたんですよね。

今までにある技(まっはぱんち、まっはきっく…など)を入れるのって、プレイヤーとしては新鮮味を感じないけども、作る方はひとつの必殺技として作るワケでね、そういうあんまし売りにならない部分に時間を取られるんなら、同じ時間で新規の技を作ってプレイヤーに楽しんでもらった方が良いですのでねえ。

なんで、これからもし、続編を創る機会があったら、ダウンタウン系な技とかを残す「媚びたくにお風味」を醸し出すのではなく、完全にオリジナルアクションでの新しい遊びの手応えを実現させたいと思っちょります。遊びのノリは変わらないけどね。
新規キャラとかも出したいしねえ。。。


まあ、そんなとこで。。
by もけけ関本 (2016-11-26 05:19) 

hamamac

もけけさんのブログを定期的に訪れていて、もけけさんの動きを知りたい方にはここでのコメントって探しにくいと思うので、申し訳ない気もしますが(^^;

まあ、少数派でも何でも、自分のスタンスは変わらないです(`・ω・´)

>…いや、なんとかカタチにはしますし、ゲームが創れればそこにブチ込んで行きますのでね。
げんさくぼん4とか5の展開、楽しみなんです♡
山田以上のアレに対して、これまでくにおを目の仇にしていた藤堂までもが手を組むって激アツですYO!

>あとは、hamamacさんたちがどれだけ広めてくれるか…みたいなね。フフフ
微力ながらもお手伝い出来ればと思います。
もちろんブログとかつぶやいたーで継続的に情報は出していければと思います。
あとはくにおくんの二次創作自体がそんなに盛り上がって無いと思うので、絵だけじゃダメかなーとも思ってて、もけけさんが作った設定(ゲーム中に出て来ない、げんさくぼんからの一コマとか各キャラの表に出て来ない小話とか)を漫画化してったら広まるかなーとか考えてます。
まあそうそう描けない&私の絵で受け入れられるかどうかは別ですけども…(´・ω・`)

>なんで、これからもし、続編を創る機会があったら、ダウンタウン系な技とかを残す「媚びたくにお風味」を醸し出すのではなく、完全にオリジナルアクションでの新しい遊びの手応えを実現させたいと思っちょります。
吉田さんも「ガワは違っても中身は吉田風味のくにおくんゲーム」を作られているようですね。
もけけさんも吉田さんも考えていらっしゃる方向性は似ているのでしょうか?
お二人が関わったゲームだったら間違いないって思っちゃいますけどね。

>新規キャラとかも出したいしねえ。。。
新規キャラってこれまでに紹介されている熱血2とか激凸のキャラ以外ですか?
まだ名前しか出て来ていないキャラも結構いるので、その辺も気になりまっす。

それにしても新潟の寒さには慣れていらっしゃるかもしれませんが、東京も急に寒くなりましたのでご自愛下さいmm
by hamamac (2016-11-27 01:39) 

もけけ関本

ヲ疲れさまでぃぇ〜す。

>もけけさんも吉田さんも考えていらっしゃる方向性は似ているのでしょうか?
…ん〜、ゲーム内容とかではなくて、『想い』みたいなのは同じ方向を向いていると思いますけども、ゲーム内容となると考えている方向はたぶんまったく違うと思いますにょ。
ただ、同じ部分を考えているワケじゃないんで、ぶつからないですけども。

よしみつ兄やんってーのは「遊び・アクション」を常に考えていて、誰も考えないようなアイディアだったり、単純なプログラムで複雑な動きを再現させるとか、そっちをぐいっぐい追いかけてますのでね、本当に天才だと思いますし、ゲーム制作に向いている人だと思ってまス。ヲレみたいなアホでは太刀打ちできないレベルの思考でアレしている風味っす。
ゲームの作り方も「遊び」を最初に考えてから、それに合わせた世界観をくっつけて行くスタイルだしね。

ヲレは、ご存知のように世界観の妄想ばかりしてるんで、ゲーム性に関してはあまり考えないんス。作り方も、頭に浮かんだイメージ(映像)をゲーム化させるにはどうしようか…と考えるタイプ。
だもんで、つまんねー遊びを考えてしまうことの方が多いっつーね。。。
( ̄ー ̄)

ていうね、そんな風に違う部分を考えている2人だから噛み合うワケでね、2人とも同じ部分を考える人間だったら、たぶん、ぶつかっちゃっていると思いまス。ぅぃ。


>新規キャラってこれまでに紹介されている熱血2とか激凸のキャラ以外ですか?
…ぅんです。
それ以外のアレですワね。
熱血物語にしても、時代劇や魔法物語なんかの方向にしたっても、お決まりの同じキャラを組み合わせて創る「過去作依存」な展開はもう限界だしね、ヲレ的にもそれはつまらないんすよ。
また、末城や激凸の別地区キャラたちは、もう彼らの世界が存在しちゃっているワケなんでね、こちらとしては新キャラじゃないんス。

だもんで、そろそろ先のストーリーに出てくるキャラを固めて行くようにしたいし、世界も広げたいっつーことス。

ていうか、ドットデザイン自体もヲレは変えて行きたいんすけどもね〜。(同じ「記号」が増え過ぎ風味なんで、カッコイイ顔が作れないの…)


>東京も急に寒くなりましたのでご自愛下さいmm
…いつも優しいお言葉をありがとうございまっす♡
ていうか、本当に寒くなりましたよねぇ。
新潟よりも今住んでいるトコの方が、最低気温が低い気がするんですけども。。
新潟の冬は厚着するし、クルマ移動が多いし、湿度も高いのでね、日中の気温が4度くらいでずっと続いていたとしても、そんなに寒く感じなかったりですわよ。(まあ、風はずっと吹いてる風味ですけども…)

まあ、関東の方が寒さが肌に突き刺さるっぽい風味。

hamamacさんも体調を崩さないようにお過ごしくださいね。
(東京は寒暖差が激し過ぎるのがヤバ目風味スね)
(´-`)
by もけけ関本 (2016-12-17 06:21) 

hamamac

もけけさんこんばんは!
コメントいつもありがとうございます(^-^)
ダウンタウンシリーズはもけけさんとよしみつさんとが中心になることで、凄くバランスが取れてたというか、お二人の良い所が上手く組み合わさってある意味神がかり的なゲームになったんじゃないかなと思ってます。

>2人とも同じ部分を考える人間だったら、たぶん、ぶつかっちゃっていると思いまス。ぅぃ。
きっと同じパートを担当していると、どっちの想いや考えを現実に採用するか、ってどーしても対立しちゃいますよね…。

>だもんで、そろそろ先のストーリーに出てくるキャラを固めて行くようにしたいし、世界も広げたいっつーことス。
思い切ってくにおくんの世界から離れてもイイかもしれないですね…。
もちろんダウンタウンシリーズとしてのくにおくんの続編がもけけさん監修で出るのは望ましいですが、別で続編が出たりして色々難しくもなっている昨今ですし、全く新しい世界観、キャラにシフトした物でも良いカモ…と思っちゃいます。
ブランドを起こすのと同じで、真っ新な状態からプレイヤーに受け入れて貰うのって直ぐに結果が出ることは稀で、大変ですけども…。
私としては、それがどこかでダウンタウンの世界と繋がってても、繋がって無くても、もけけさんの個性が反映されると思うので、楽しみです。
ちなみにトビオさんで出しているもけけさんの絵本はほっこりするので好きなお話です。

こっちから日本海側に行ったりしますとやっぱり寒さの質が違うなって思いますけど、向こうに住んでるとちゃんと対策してるからなのか、中途半端に関東の方が寒く感じるのかも。
北国の方が家の作りとか暖房とかきちんとしていそうですから。
東京も場所によって結構気温違いますしね。
長野方面から車で帰って来た時、八王子では雪降ってたけど、南側に下ったら雨になってたことあります。
新潟の方が湿度も高めなんですねえ。
雪があると違うのかな。
冬は乾燥してるとウイルスにかかり易くなるそうで(私もウイルスでは無いかもだけど早速風邪引きましたし)東京の方が新潟より乾燥してそうですから、案外寒さよりも気を付けた方が良いかもです。
風邪引くと色々やりたいことも出来ず、しんどいですから(爆)

と、私もついだらだらと長文になってしまいました(--;
by hamamac (2016-12-19 23:37) 

もけけ関本

hamamacさん、ヲ疲れさまでっす!
体調はいかがでしょうか?
まだまだ寒さはこれからだし、乾燥もますますアレなんで、お互いに気をつけて過ごしましょうね。

>思い切ってくにおくんの世界から離れてもイイかもしれないですね…。
…ねえ、それができれば良いんですけども。
本当に、hamamacさんのように思ってくれている方がたくさん居てくれたら、ヲレやよしみつ兄やんは、もっと色々と創り続けることができたんでしょうねえ。
んでも、現実はヲレらじゃなくて「くにお」についているファンの方たちがほとんどなんでね、お金を出す方もヲレらじゃなくて「くにお」に出す…て感じですのでね。

もし、くにおの世界を離れたら、、よしみつ兄やんのように斬新な遊びを考えられるんならまだしも、ヲレのようなストーリー妄想しかしてないようなヤツは誰からも相手にされないすよねえ。

そのためにも、もっと共感してくれる人を増やさないとアカンのすね。
そのためには、出すモノを出さないと何にもならんのですわ。


つーか、ヲレに才能があるとかないとかは置いといて、、、想像してモノを創るという経験をすると、様々なモノってのは誰かのイメージによって創られていることを実感するワケでね。

確かにそれぞれの分野で頑張っている人は居て、その人たちも大切なんだけど、でもイメージ(ビジョン・想い)の中心になっている人たちってのはもっと評価されても良いんじゃねえかな…て思います。

昔の話だけど「企画は自分のやりたいことを書いて出すだけだから楽で良いよねえ」なんて云ってたデザイナーさんが、企画に転向して1本担当し終わったら「こんな仕事は二度とやりたくない」て云ってたんだよね。それも1人じゃなくて数人からそんな台詞は聞きました。
想像する側の責任とか、想像する事自体の重さってのはそういうことなんだと思う。

日本てまだまだ「想像」「アイディア」に対しての評価が低い気がしてならないス。

だもんで、映画監督みたいな扱いでも良いんじゃないのかな…みたいな気もしますね。
日本の場合は超A級タイトルのゲームクリエイターしか名前が出ないのが本当にもったいないです。
よしみつ兄やんなんかもっと注目されても良いと思うし、それでもっともっとたくさんのゲームを作って欲しいゲームクリエイターの1人だと思うんだよね。
その方が楽しめるゲームが世の中に増えるし、ゲームをする側も嬉しいワケなんだからさ。(ヲレもおこぼれにありつけるし…)


日本て「みんなで創る」みたいなアレがあって、その中でグイグイ前に出ないことが美徳だとかいうアレもあって、目立ったヤツの足を引っ張ろうとする人たちって以外に多いんだよね。
仕事の能力と関係ない部分の欠点を探って攻撃したりね。。

「思い上がっちゃいけないよ」ていう戒めの教えが、人を押さえつける教えにすり替えられちゃってたりね。

狡賢い人が金のためにその美徳を利用する…みたいなパターンもある気がするし…。

日本のゲーム業界の草創期は必ずしもクリーンではなかったし、売れたゲームをコピーして大きくなったりもしているので、そもそもが「お金」を中心にして動いて来た人たちがクリエイターに光を当てることができないってのは納得はできるけども、今のままだったらアカン気はしますよねえ。

もちろん最先端技術ってのは会社が前に出てないと生まれないとは思う。でも、それをどう使うか「ソフト」の部分が発展しないと、結局は無駄な技術で終わるワケでね。


ていうかさ、クリエイターって「金」よりも「創る」って方の優先順位が高いんで、とにかく創り続けたいんだよね。
「お金儲けしたいから創る」じゃないんだよ。
でも、クリエイターじゃない人にはそういう発想自体がないから、噛み合わなくて、うまく廻らないことって、多い気がするなあ。

そもそもアイディアを見て「お金」に変換できる頭を持ち合わせている人が少な過ぎて、あくまでも結果しか見れないっちうね。。



まあ、ヲレはもうゲームクリエイターではなくて、単なるゲームシナリオライター風味になっちゃっているのでいまさら「監督」風味にされても困るけども…ていうね、そういうところを踏まえつつ、いま、あれこれ動いてますにょ。


んで、現在クラウドファンディングについてちょっとそっちの会社の人から話を聞いたりしてるんだけども、お金を出してくれるファンの方々って、どんなリターンが欲しいんでしょうかね??
○スタッフロールに名前が出る。
○登場人物になれる。(固定の名前キャラと性格設定に反映)
○グッズが貰える
○交流会に参加できる。 などなど…

hamamacさんだったらどんなのが良いスか?
それと、出せるお金の幅とかどんな風味でしょうか。。

その辺りは、ヲレのブログやツイッターなんかでもこれから訊いたりしようかとは思ってますけども、とりあえず、「もけけ一味」としてはどんな風に考えているのか、先行してお尋ねさせてもらいまっす。

どうぞよろしくであります。


…ていうね、また、ダラダラ書いてしまったですよ。。。

ヲレのブログはまったく書く気もしないのにさ…。
( ̄▽ ̄)
by もけけ関本 (2016-12-20 05:35) 

hamamac

もけけさん、おばんでございますmm
医者の薬を飲み切りましたので、体調は大分マトモになりました。
たまに風邪引くと、自分の免疫力が弱っている気がします。
風邪と戦って活性化みたいな。

クリエイターの方で世間に名前まで出て有名な方ってホント一握りですよね。
業界の中では違うのかもしれないですけど、プレイヤー側にはあまり知られていないような。
でもヒット作を作った実績がもっと買われても良いと思うのですが。

好き勝手に想像するだけなら楽しいし、自由ですけどそこに「製品」という現実の壁があるのとで、ハードルは大きく上がるんでしょうね。
企画って確かに内容を考えればいいだけでしょ?って思われそうですけど、実際に手を出すとあれやこれや、整合性を取らなきゃいけなかったり、最初は想像していなかった部分まできっちり考えなきゃいけなかったり…とかなり綿密な仕事ですよね、想像するに。

>日本てまだまだ「想像」「アイディア」に対しての評価が低い気がしてならないス。
失敗していいと表向きでは言いつつ、失敗を許さない、あるいは避ける文化になっちゃってるからかも…。

>まあ、ヲレはもうゲームクリエイターではなくて、単なるゲームシナリオライター風味になっちゃっているのでいまさら「監督」風味にされても困るけども…ていうね、そういうところを踏まえつつ、いま、あれこれ動いてますにょ。
もけけさんにはなるたけ前面に出て頂いて、新しい実績を残して頂きたいのですが…。
そうやって少しでも、もけけさんのやりたいことをやらせてくれる所が増えてくるとイイなあ、と日々思っておりまする。

クラウドファンディングについてですが、私個人としては3番目、限定グッズや限定のゲームが貰えたり、が一番嬉しいですね。
登場人物になれるってのもゲーム内容次第では面白そうではありますが、設定資料集とかイラスト集とか貰えるのが個人的には嬉しい。
スタッフロールに名前を出して頂くのも気恥ずいし、ファン限定交流会あっても…苦手なので参加を遠慮しちゃうかもしれません(爆)
出せるお金の幅は、そもそもクラウドに出す平均的な額を知らないのですが、継続的にであれば毎月数千円~、年間で10万円以下くらいですかねえ…。
これが多いのか少ないのかは分かりません。
もけけさんがいよいよってんでゲームを作られるのでしたらも少し出せると思います。
私は正社員でそこそこの企業で働いてますし、扶養家族の義務なども無いので自分のお金は自由に使える方ですから、そうでない方だともっと厳しいかもしれないですが。

>その辺りは、ヲレのブログやツイッターなんかでもこれから訊いたりしようかとは思ってますけども、とりあえず、「もけけ一味」としてはどんな風に考えているのか、先行してお尋ねさせてもらいまっす。
恐縮ですmm
お力になれれば嬉しく思います。

>ヲレのブログはまったく書く気もしないのにさ…。
( ̄▽ ̄)
www
こちらへの避難は歓迎しますけど(笑)
by hamamac (2016-12-24 00:50) 

もけけ関本

hamamacさん、お疲れだったり風邪だったりで体調がアレなのに、お返事ヲありがとうでございまっす♡

クラウドファンディングについて、ですけども、
一般的にはリターンと募る金額がセットになっていて、どのリターンを希望するかで選択…ってのが多いみたいです。
その金額はリターンの価値によって異なるんですが、その申し込んだリターンを最低額として、上限はいくらでもOK…てな感じっぽいです。
熱狂的ファンのいるネタだったりすると、1人で何回も、いくらでも…て人も居るみたいですけどね。でもまあ、それは稀っぽい風味だったりです。(給料全額を数ヶ月間に渡って突っ込んだ人も居るとか居ないとかですが… それはちょっとねえ…)

また、クラウドファンディングには募集期間ってのがあって、その辺は会社によっても違うんですけども、だいたいは1ヶ月〜3ヶ月…みたいな感じで、その中から仕掛ける側が設定する風味。
(日本だと知れ渡るまでに時間が掛かるので3ヶ月が良さそうス)

んで、目標額に到達できなければ、お金は一切入らんので、結果として何もできんっつーことになりまス。(この辺りも会社によってはちょっと違ったりしますけど…)

ていうか、ぶっちゃけ日本国内のクラウドファンディングだとサポーター1000人集まればかなり良い方らしくて、でも、それだとゲーム制作費としては圧倒的に足りないんで、他でも金を集めなければ実現は厳しそうだったりします。

ちなみに、ゲームの制作費っつうものをざっくり書くと(最低人数・キビシイ期間の設定で)、スタッフ6人で10ヶ月、1人30万だとしたら…まあ、そんな感じになりまス。(もちろん、デザイナーさんとかサウンド屋さんは10ヶ月びっちりは作業しないけども…)


結果としてお金が集まらなかったら、それは「別に作って欲しくないよ〜ん」という「くにおファン」の意見だとも捉えることができるんで、その辺りのデータ(応援してくれた人の年齢や性別なんかも)が取れるだけでも今後の展開を考える上では良いのかも知れんです。

もちろん、こちらとしても、やるからには成功させるべく1000人と云わず5000人くらい集めるつもりでは動きますけどもね♡
そんときには、申し訳ないんですけども、「もけけ一味」総動員でそれなりの活動をして貰えると嬉しかったりしますです。
(まあ、個々ができる範囲での周知活動だけですけども)

つーか最近はアニメ映画とかをクラウドファンディングで作ったとこもあり、それが高評価だったりしてニュースなんかでも頻繁に取り上げられていたんでね、以前よりかはクラウドファンディング自体が注目されているっつー良いタイミングだったりはしますんでね。



要は、どうやって広くクラウドファンディングをやっているってことを宣伝できるか?てトコにかかってくるワケでスね。
ネットを使ってどれだけその辺りを広められるのか…てとこがカギだと思いますですね。


まあ、当然、何を作るかによってもアレなんだけども。。
(ていうか、ヲレがやるっつったら1つしかないけども。。)


ちうことで、そのときはどうぞよろしくであります。


>設定資料集とかイラスト集とか貰えるのが個人的には嬉しい。
…なるほど。
そこでしか手に入れられない…となったら価値は上がるのかもしれませんねえ。
ぅぃ。貴重なご意見をありがとうございましたっ!

また何かありましたらゴリゴリっと意見をヲクレでっす。
( ̄▽ ̄)
by もけけ関本 (2016-12-24 06:26) 

hamamac

クラウドファンディングの件、ご説明ありがとうございました。
私もまだ実態をよく知らなくて…出資しようとしたこともありましたがそのプロジェクトはYahooでニュースになったらあっという間に目標額集まってました。
もけけさんも書いていらっしゃいますが、募集サイトを見ますと、山の様にあって、その中で目に付くのって本当に一握りだと思うんですよね。
だから如何に目立つか、というか人に見て貰うかが大事ですよね…、まずは。
結局、終わってから「知ってれば募金したのに」みたいなこともあると思うんです。
なのでもしもけけさんが始められるなら私のTwitterでもブログでもフル活用したいと思いますし、なるたけ拡散出来るように、出来る限りの協力は致します。
仕事柄マーケティングの本も読むのですが、これだけ情報が溢れている世の中で、いかに人の眼に留まるかってムズカシイですよね。
私も有名ブロガーとかになったことも無いのでどうしたらいいか分からないですが、地道な活動からやらせて頂ければと。
う~ん、動画とかも作れたら良いんだけどなあ…。

ざっと2000万集めるとして、サポーター1000人集まれば一人2万円。
もちろん金額にも段階がありますからアレですけど、やっぱり1000人くらいは欲しいですね。
とすると、くにおくんゲームを買ってくれてる人が如何にクラウドに興味を示してくれるか、だろうなあ…。
もけけさんのプロジェクトを見て、応援したい!って思わせるようなストーリーがあると良いと思います(これは本の受け売りなんですけども)。
もし一度でダメでも、知られてないだけかもしれないし、改善して二度三度をチャレンジして頂きたいな…と思います。

また一個人の意見で参考になるかは分かりませんが(私の物の見方が人とずれてると思うので…)、気付いたことなどあればお伝え致しますね。

もけけさんの活動を応援しておりますmm
by hamamac (2016-12-25 00:10) 

もけけ関本

hamamacさん、さんきうでありまっス♡

ていうか、2000万だとかなりギリなんで、もっと上を狙いたいとは思ってますにょ。
せっかくやるのだから、「間に合わなくてアレを削った…」「このアイディアも入れたかったんだけど…」とかにならないよう、満足の行くレベルに到達したゲームを創りたいしね〜。

正確な数字は書けないんだけども、現在の「くにおゲーム」を買ってくれる人たちの中の、4分の1の方々が5000円(ほぼゲーム1本分の金額)だけ出してくれたらもうバッチリなんですけどもねえ。

ま、そううまくはいかんのは分かってるけども。。

ちうことですが、hamamacさんのご意見はたぶん打ち合わせで使わせていただくと思うス。

引き続き、どうぞよろしくでありますっ。
その他、様々な方向のアイディアとかもあったら遠慮せずにお願いしまっすね。





で、リターンのアレとしてその他に考えたんですけど、、、、
○特製Tシャツ。。
○特製マグカップセット。。
○特製缶バッジセット。。  とか。
…なんか最近、そういうグッズってありがちなんで。。。

まあ、大人には少々キツいかもしらんすね。。
( ̄▽ ̄)

あっ、10分の1『めるへんのつえ』キーホルダーとか、
そういうアイテムのキーホルダーとかはどうすか…?
いや、各校の校章をモノホン風味で。。。



ぅぃ。出直してきまっす。。。


メリークリスマスっ。
by もけけ関本 (2016-12-25 05:27) 

hamamac

すみません、大分間が空いてしまいましたmm
こうやって目標額とか、賛同者の数とか、現実的に考えていくとそこに到達するまでにどうすれば良いかが具体的になっていきますよね。

くにおくんゲームを買っている1/4から5000円ずつで達成出来るって、くにおくんゲームって相当売れてるんですね…。
なので賛同者を集めるのが一番重要ですね。
こちらやTwitterでの宣伝などは幾らでも協力致します。

アイデアの全てを詰め込むよりも、ポイントを絞るために取捨選択が必要なケースもあると思いますけど、そうじゃなくて容量や時間の関係で出し切れなかったってことが無いゲームを作って貰えたら、プレイヤー側としても冥利に尽きます(^-^)

グッズですが…
各校の校章のピンバッチとか、コレクション風味でってのも良いカモです。
キーホルダーもコレクションアイテムとしてはアリかと。
あとはメインキャラの3頭身フィギュアとか。
作るのにお値段高いかな…(-"-)

Tシャツは個人的に着て行けないので、う~ん、パスっ(^^;
洋服系は難しいですねえ。
スマホケースなんかは受ける人には受けるかな?

PC系だとアイコン集とか、マウスポインターとかの画像なんてどうでしょう?
これなら比較的現実的。
でも作ろうと思えばファンでも作れそう…。

他には実写版なんてのもありましたが、オリジナル漫画(小冊子) or アニメとか…。

とりとめもなく失礼しましたmm

もけけさんも、良いお年をお迎え下さい☆
by hamamac (2016-12-31 19:32) 

もけけ関本

hamamacさん、昨年は色々とありがとうございました。
本年もどーぞよろしくお願いいたしまする。


>くにおくんゲームって相当売れてるんですね…。
…え〜と、あんましそうでもないかも。。
ファミコン時代は売れてましたけどね、今はもうねえ…。
ただ、固定ファンが居るので多少計算ができるって感じかも。
(詳しく云えないけど…)

ピンポイントで小学生・中学生にしか受けてなかったゲームなんでね、大人になったらやらない人がほとんどだっちうことで。


んで、クラウドファンディングですけども、たぶん、「くにお」使わない方向っぽいス。
だもんで、リターンの難易度が上がった風味も。。


そっちはまた動きがあったらお知らせしまっすね。

貴重なご意見感謝であります。
引き続き、どうぞよろしくでありまっす。



あっ、閃光の忍者(後編)、今年中には出るっぽいすよ。
こちらもよろしくでありますっ。( ̄▽ ̄)

by もけけ関本 (2017-01-02 18:23) 

hamamac

もけけ関本さん、明けましておめでとうございまっす!
本年もどうぞよろしくお願い致しますmm

今のくにおくん、う、売れてないのですかΣ(゚Å゚)
ゲームソフトの売れる売れないの計算って基準値が分からないので…。
でも数千とか数万とか、そのゲームをプレイした人がいるだけでもスゴイと思いますけども。

ダウンタウン含めたくにおくんゲームの顧客って、現在の中心は昔現役でプレイしてた30~40代の大人かと思っていました。
逆に10代で新規でやる人がいるのかな…と。
昔よりも大人がゲームやってることが当たり前な世の中なんですがねえ…。
(だからコンプリートとかファミコンクラシックとか出るのかもですけど)

>んで、クラウドファンディングですけども、たぶん、「くにお」使わない方向っぽいス。
だとくにおファンは呼べないですね…。
私は全然構いませんけども。
ハードルを上げられましたね(((( ;゚Д゚)))
きっと作品に関してはもけけさんの頭の中で色々ぐるぐるしてるんだと思いますので、決まってきましたら続報などお待ちしております♡

>あっ、閃光の忍者(後編)、今年中には出るっぽいすよ。
>こちらもよろしくでありますっ。( ̄▽ ̄)
積年の謎がついに…!
即買いしますYO!
新年早々、吉報、ありがとうございましたmm

by hamamac (2017-01-02 20:21) 

もけけ関本

うぃっす〜♡

>現在の中心は昔現役でプレイしてた30~40代の大人かと思っていました。
…たぶんそれで間違いないかと。。
中心は昔のファンの方々だと思うです。
んでも、ファミコンでプレイしてくれてた当時の数パーセントの方が購入してくれているだけな計算。
ほとんどの人が卒業した風味でね。
それと、当時はプレイしていなかったけど兄弟がソフトを持ってて、それを後になってプレイしてハマった20代の方とかも案外居たりします。。
小・中学生はほとんどいないっぽいすね。
親の影響で…てのが、まだあまりないみたいなんで、ファミコンミニクラシックとかが引き金になってくれたら良いなあ…とか思ってますにょ。

ていうか、昔のプレイヤーたちの数割で良いのでまた戻って来てくれたら、「くにお」は本当に復活できるんだけどもねえ。
知名度だけはハンパねえのでね。


んで、ゲーム開発ってお金が掛かるのよ。だもんで、数千本程度じゃ赤字になります。
ただまあ、くにおゲーはファンが居て、売り上げの予想がある程度立てられるからコツコツ作られ続けている風味。


確かに、hamamacさんの仰るように数千人、数万人が買ってプレイしてくれたってのを考えるとスゲーな…とは思いますね。
野球のスタジアム入場者数程度の人たちが買ってくれたのか…て考えるとより実感できたり…。

んでも、最低限開発費を回収できる本数が売れないと失敗…という評価になります。何本売れたかではなくて、開発費が回収できるかどうか…。


最近の傾向だけど、売れたゲームには、その続編等対して(売れる本数の予想が立てられるので)開発費が出ますが、そうじゃないゲームの開発費はギリギリしか出ないす(このくらいしか売れないだろうから、このくらいの予算しか出せないよ…と)。だけど、開発費の多い少ないに関わらず同じ「ゲーム」として並び評価されるワケだから、どうしても新規企画ゲームやチャレンジしてるゲームや、少数ファンのゲームなんかは次第に消えるだけっつー状況。
最近、続編ばかり出るってのはそのためすね。

今のゲームって「真のクソ」ってあまりないのでね、その他部分の作り込み…丁寧に作られた部分とかデータ量の多さ、グラフィックの細かさなんかが「真剣に作ってくれてる」なんて評価が高くなりますけど、そういう部分て期間(=開発費)が掛けられれば何とかなる部分だったりするワケでね。。
でも、プレイヤーはそんなこと知らんし、注ぎ込んだ「想い」を感じてくれる人は半分くらいだし。どうしても開発費が低いのは不利になります。

hamamacさんは詳しいかと思うけど、今の会社って「いかに損をしないか…」て考え方が主流ですもんね。だからどうしようもない。
確かに、その中での知恵ってのは発展して行って、違うカタチで新しいゲームは出てくるとは思うけども。。




>クラウドファンディング
…「くにお」じゃなくて、ヲレとかよしみつ兄やんの名前を前面に出して、新しいシリーズ、新しい「物語」を目指してアレして行こうと思ってます。
まあ、ダメで元々でね。
クラウドファンディングの知名度もそれほどでもない中でどの程度イケるのかってのを見たいし、データもタップリ取れるんで無駄にはならないかな…とね。
どちらにしても、次には繋がると思ってます。

でも、リターンはどうするべきかねえ。。
(まあ、スタッフロールは確定だけども。)

うむむ…( ̄▽ ̄)

by もけけ関本 (2017-01-03 08:05) 

hamamac

もけけさんこんばんはです☆
本日より現実に引き戻されましたhamamacです (ノД`)

>んでも、ファミコンでプレイしてくれてた当時の数パーセントの方が購入してくれているだけな計算。
そうなんですかあ…。
そんなに規模が縮んでしまったんですね。

>ファミコンミニクラシックとかが引き金になってくれたら良いなあ…とか思ってますにょ。
そうですね。ちょうどファミコンクラシックもですし、コレクションも出ましたし、今でも子供がハマる要素はあると思うんですけども(不良だとかじゃなくて、シンプルなアクションゲームって意味で)。
不良って世界観が今時の小中学生に受けるのかは謎です…。

チャレンジングなゲームって昔はク●ゲーとか言われつつもそれがウリだったりして、溢れてた気がするのですが、今は技術力は高くなったので見てくれは良いけども、及第点、平均点レベルのゲームばかりになってしまっているんでしょうか。
PS4のオンラインのゲームのラインナップ見てても、みんなグラフィック綺麗で、TSUTAYAとかで見るレンタル映画のポスターがずらりと並んでるような感じで、見てるだけでお腹一杯になっちゃうんですよね、私なんかは(;´д`)トホホ

>今の会社って「いかに損をしないか…」て考え方が主流ですもんね。だからどうしようもない。
そうですね…。
景気に左右される所かもしれませんが、上からチャレンジしろって言われても、口先だけで組織としてなかなか出来ない所は多々あります。

>…「くにお」じゃなくて、ヲレとかよしみつ兄やんの名前を前面に出して、新しいシリーズ、新しい「物語」を目指してアレして行こうと思ってます。
もけけさん達のネームバリューとゲーム画面、動画などで是非「これは面白そう!」と思わせるような物を作って頂きたいです。
こちらもせっせと拡散には協力致します。
まあ、Twitterでも私ほとんどフォローしない人なので、拡散効果はアレかもですけど…。
でもハッシュタグとか付けて、なるべく広まるようにお手伝い出来ればと思います。

リターン…くにおくんの名前じゃないものになりますもんね。
開発スタッフのキャラが、RPGだったら町の人の1人に紛れ込んでるとかってのは見たことありますね。
またリターンでは無いですが、PVとか、体験版配布とかは是非やって頂きたいと思っております。是非是非。

by hamamac (2017-01-05 23:08) 

もけけ関本

hamamacさん、お疲れさまでありますっ!

年末年始の時間の流れが異様に早いのはなぜなんでしょうかねえ。。


>そんなに規模が縮んでしまったんですね。
…そうなんすよ。
ファミコン当時の「くにおくん」ていうのは他社が羨むタイトルだったりで、B級ゲームの中でもトップクラスだったんスよねぇ。
ドラ○エとかそういうビッグタイトルには及ばないけども、シリーズとしてコンスタントに数を出せるという珍しいタイトルでした。
知名度もかなり高かったス。

今でも、派遣でゲーム以外の仕事をしたりしたときとかその他で、30代後半くらいの人と接した際に「くにおくん」てワードを出すと、ほとんどの人が「知ってます!!」て反応されるくらい。
(たぶん確率にしたら97%くらい…)

ちなみに、良く云われたのが「なんでこんなとこに居るんすか?ゲーム作ってくださいよ」みたいなこと。。
んでも、ヲレは彼らがもうゲームを買わないことは知ってるんだけども。。
(´-`)


>今は技術力は高くなったので見てくれは良いけども、及第点、平均点レベルのゲームばかりになってしまっているんでしょうか。
 …全体的にそんな感じには見えますよねえ。
もちろん、それが悪いって一言で云えちゃうようなものではないです。何らかで中心になっていた人たちの理想なんだろうしね。
ゲームをビジネスに変えて行った人たちの戦略という言い方もできるかも。。

昔って「ゲームの作り方」はザックリしたもので、教科書なんかあるワケも無く、そこの会社によっても様々だったんだけど、ファミコンが売れてゲームの知名度が上がってくると、頭の良い人がたくさん入って来て色々と変えて行くワケでね。ゲーム完成度の底上げがなされるわけです。安定して行くのは総てにおいての流れではあるけども、同時に尖っているモノも排除されるカタチにはなる。
クセのある原石的なゲームも出にくくなるんですよね。
感覚に頼っていたモノを裏付けのあるデータを採用することで確実性は上がる…てヤツです。

「そのアイディアは変わっているからやってみろ!」ていうのは極端に減ったんじゃないかな。。
逆に「データで判断できない変わったアイディアなんかやるな!」だと思うし。。

まあ、昔のようにちょっとしたアイディアでも一番乗りができた時代ではないっちうのはわかります。

新しいアイディアを考えるよりも、昔のアイディアをアレンジした方が実現し易いしね。

それに、今のゲームっていうのは、ゲームのルールだとか遊びとか操作の手応えを楽しむモンじゃなくて、「コミュニケーション」とか「バーチャル」な方向へ発展して行くってことがメインになっているから、もう昔のゲームってのとは総てが違いますしね。
(元々、リアルな方向へ行くことが素晴らしい…的に考える人たちが多かった気がするので当然の流れかもしれんです…)


表現する技術も発展しているんで、悪い言い方だと「ゲーム制作(創造すること)に向いてない人もゲームが作れる」ようになっている部分もあるかも知れないす。

クリエイターに必要なこと…てのが、新しい遊びを生み出すことよりも、理屈や仕組みを考えられる力とか、「カタチ」が優先になっているような気がします。

でも、そういう考え方自体がもう古いってことを分かっている人は少ないかも知れない。

なにかっちうと「個性」を消して行く世の中だけれど、「他人と違うこと」ってのはとても大事なんだけどねえ。


まあ、何を書いているのか分からなくなったけども、ヲレらはレトロな部分で、まだ発掘されてない遊びを探して行きますです。
ぅぃ。
by もけけ関本 (2017-01-07 06:37) 

hamamac

もけけさんこむばんは!
本日の夕方から関東は雪になるという噂です(((( ;゚Д゚)))

>知名度もかなり高かったス。
知名度を上げたのがやっぱり「熱血物語」と「行進曲」だと思うんですよね。
時代劇は先2つがあったから、ってので、ある程度「くにおくん」シリーズの地位を確立してたというか。
(硬派系は私の頭の中に無いので、なんとも…)
プレイした人ばかりでは無いにせよ、それだけ知られてるってスゴイですよね。
日本だけじゃなくて韓国とかでも今でもファンの方いらっしゃいますし。
30代後半くらいだとまさにじゃすとみーと世代なのでは?

ゲーム作りも博打っていうか…。
そりゃあ失敗しない、ある程度稼げるものを作らないといけないのはそうなんですけど、それってゲームの核である魂が失われてく気がしますね。
要は遊び心っていうか。
うちの会社の商品だとあんまり遊ぶと「ふざけるな!」ってモノになるのでさすがに出来ないですが、ゲームは遊ぶものなので、無難にまとまるばかりでは粒が小さい物ばかりになるのも頷けます。

マニュアルとかテンプレとかに頼って、何でも効率的に作れば良いってもんでもないんですよねー┐(´ー`)┌
ゲームとかオモチャはまさにその代表例のジャンルなのかも。

アメリカのベンチャーの商品なんかは遊び心に溢れてますよね。
アイデアの側面は新しくなくても「そこまでやっちゃうんだ!」とか「それ、組み合わせちゃうんだ!?」みたいなアイデア商品が見受けられます。
しかもそういうアイテムがAmazonとかから気軽に買えるようになりつつあるので、大手の(機能は優れててもあまり面白く無い)商品よりも魅力的だったりします。
ゲームもそんな感じで買えるようになったりしないかな。
スマホのアプリとかだとやりやすいかもしれませんね。
課金の問題とかが付きまとうから一概に言えませんが、拡散効果はあると思います。

>なにかっちうと「個性」を消して行く世の中だけれど、「他人と違うこと」ってのはとても大事なんだけどねえ。
個性はある種の才能だと思うし、それをうまく生かしてる人もいるとは思いますが、会社とか、組織になってしまうと途端に逆の方向へ行くんですよね。
な訳で、フリーとか個人で出来ることの方が自由度や個性の発揮度合いは高いという…。
でもゲームだとなかなか個人だけで作るわけにいきませんしね。

レトロかどうかは分かりませんが、人間の根源的な楽しさとか衝動って不変だと思います。
例を挙げると無限プチプチみたいな。
そういうのって大人も子供も変わらない部分じゃないかと。
そういう所にゲームで訴えかけられたら凄いなって思います。

もけけさんが見つけようとしている、レトロで新しい遊びに期待しておりますmm

by hamamac (2017-01-08 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: